矯正治療

矯正治療の痛み

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
矯正治療を開始するにあたって、患者さまから治療中のお痛みについてのご質問をよくお受けします。
矯正治療中のお痛みについては100%無いとは言えませんが、以前よりは軽減されていると思います。
特にデーモンシステムを使用するようになって格段に不快感を訴える患者さまが減りました。
矯正治療中のお痛みとしては
�@歯の痛み
�A口内炎(装置が頬粘膜や舌に当たって・・・)
�B最後方歯からワイヤーが突き出て、頬を刺す
などが考えられます。
以前までは矯正治療に歯のお痛みは付き物でしたが、
デーモンシステムのようにローフォース・ローフリクションで治療を行えば、最小の矯正力で歯の移動が行えますのでお痛みを感じません。
ワイヤーを交換した時は多少の違和感が2〜3日あります。
強い矯正力だと歯周組織の破壊が進み、お痛みを強く感じます。
痛いと言うことは体にとっては無理な力がかかっているシグナル(警告)だと思います。
ですから、生体にとって適正な矯正力ならばお痛みは無いはずです。
しかし、デーモンシステムでも太目のワイヤーを無理に装着するとお痛みがでます。
矯正医の経験と知識でお痛みが出ないレベルの力をかけることが可能です。
矯正治療中にお痛みがある時は担当医に遠慮なく申し出るべきだと思います。
担当医に申し出て、『我慢しなさい!』という返答ならその矯正を考えた方がいいかも知れませんね。
現在、痛みのコントロールはある程度可能になっています。
弱い矯正力で痛みを発現させないようにするとか、無理な治療をしないとか、患者さまが痛みを訴えた時はワイヤーサイズをダウンして矯正力を減らすとか、痛み止めを飲むように指示してあげるとか、レーザーを当てて痛みを軽減する方法など色々な方法があります。
痛みについて不安がある方は矯正担当医に遠慮なく相談することをお勧めします。

関連記事