矯正治療

新しいセットアップモデル法(コンピュータを使った治療後のシミュレーション)

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
大松矯正歯科クリニックでは矯正治療を開始される患者さまに治療後の予測模型をご提示しています。
これはセットアップモデルとも呼ばれ、石膏模型上で治療後のシミュレーションを行い治療後の完成模型をお作りしています。

この度このセットアップモデルがコンピューターで3次元的に構築することができるようになりました。
3Txer(Orapix 3D Dental System)http://www.dds-web.com/patient.html
セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)で用いているハイテクワイヤー(デーモンアーチ)をコンピューター上で再現して矯正治療前から治療後までの歯の動きを表現することができるようになりました。
これで、矯正治療前の診断時に抜歯・非抜歯の判定が容易になります。
患者さまにもディスプレー上で歯の移動を見ることができ、
治療後のイメージがつかみやすくなると思います。

実際の治療前の患者さまの口腔内

模型をCAD/CAM技術で3次元スキャニングを施す。
デーモンアーチを歯列に合わせて行きます

クイック・セットアップを使えば、ワンクリックで治療後の歯並びにシミュレーションできます。

治療前と治療後の変化も重ねて見れますので、患者さまにも好評です。

治療前の予測/シミュレーション通り歯並びが整いました。

治療前のシミュレーションでは第二大臼歯を固定してセットアップを行っていますので、そこだけ取り残されていますが治療の際は第二大臼歯もコントロールして行きます。
セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)がもたらす正確な治療効果のおかげで
このシミュレーション/3Txer(Orapix 3D Dental System)も高い精度の治療後の予測が可能となりました。
ご興味のある方は大松矯正歯科クリニックまでお問い合わせください。

関連記事