矯正治療

セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム) VS マルチブラケット装置(クリアスナップ)

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
大松矯正歯科クリニックでは症例に応じて
セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)を中心にマルチブラケット装置(クリアスナップ)を患者さまにご提供しております。
マルチブラケット装置(クリアスナップ)はクリップタイプの結紮用アタッチメントです。
 
提供:DENTSPLY-Sankin K.K.
ゴムやリガチャーワイヤー(結紮線)の変わりにクリップ(マルチブラケット装置(クリアスナップ))で留めます。
クリアブラケットに装着するだけでローフリクション・ローフォース(低い摩擦抵抗と弱い矯正力を適応)を実現します。
セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)に比べて審美的に優れています。

クリアスナップ

セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デーモン3)とメタルブラケット
しかし、マルチブラケット装置(クリアスナップ)の場合セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)のように高い非抜歯率が得られません。

セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)は歯列弓の側方拡大でガタツキをとるためのスペースを確保していきますが、マルチブラケット装置(クリアスナップ)はそれがあまりできません。
マルチブラケット装置(クリアスナップ)(クリップ)自体がプラスティックでできているため、クリップがブラケットから浮き上がってしまい思うように矯正力がかかりません。
叢生(ガタツキがある症状)の場合ですと特にそれが顕著で、セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)のフィロソフィーが適応できませんでした。
軽度から中等度の叢生でしたらクリアスナップを利用して非抜歯で治療が行えますが、重症な症状だとセルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)と同じように非抜歯では治せません。
重症な場合は抜歯にてスペースを確保する必要性があります。
しかし、既存のブラケットよりはローフリクション・ローフォースを再現できますので歯の移動は早く済みます。
即ちクリアスナップはスーパーライトフォースを使った、既存の治療法を踏襲した治し方です。(ここがセルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)のフィロソフィーとの相違点です。)
大松矯正歯科クリニックでは、患者さまのご希望によってセルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)とマルチブラケット装置(クリアスナップ)そしてリンガルマルチブラケット装置(STb)、マウスピース矯正を使用しています。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、患者さまとご相談の上治療を行っています。
まとめ
○セルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)は非抜歯率が高いが少し目立つ
○マルチブラケット装置(クリアスナップ)はセルフライゲーション型マルチブラケット装置(デイモンシステム)より目立たないが、抜歯率が高い。

両者ともにローフリクション・ローフォース(低い摩擦抵抗と弱い矯正力を適応)を実現していますが、
治療のゴールは異なってきます。

関連記事