矯正治療

デジタルスキャナー 『リーソス』

歯医者さんに行って歯型を採ることを『印象』(いんしょう)といいます。

お口の中いっぱいがトレーと印象材で占められて息苦しいですよね。

患者さんにとってこれが一苦労だと良く聞きます。

最近ではこの辛い印象を採らなくても済むようになりました。

これがデジタルスキャナー 『リーソス』です。

この機械でお口の中をビデオ撮影すると画像がデジタル処理されます。

デジタルデータを使って容易に『印象』を採る事ができるようになりました。

大松矯正歯科クリニックで扱っている歯科矯正用治療支援プログラム(インシグニア)のデータ作製にも使えます。

まだ、日本にはデモ機しかありませんが直に納入予定です。

納入が決まり次第ご報告します。

歯科治療はフルデジタルの時代へ・・・

関連記事