矯正治療

矯正治療のスタートはいつが良いのでしょうか?

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
矯正治療のスタートはいつが最適なのでしょうか?
矯正治療の開始時期は患者さまによってそれぞれ異なります。
子供の場合症状、あごの発育具合、歯の生え変わり時期によって開始時期は異なります。
子供の場合は二段階に治療を分ける場合があります。
第一期治療:混合歯列期(乳歯と永久歯が混合/早期治療、予防矯正)
第二期治療:永久歯列期完成後 永久歯が萌えて来た時点で(5〜6歳位)現状を確認し、
すぐに治療を開始する場合もあれば乳歯が全部抜けて永久歯になるまで待ってから行う場合もあります。
その見極めは、将来的にこの時期に悪いところを取り除いておかないと症状が悪化してしまうケースや早い時期に矯正治療を行っておけば永久歯列で本格的な矯正治療を回避できる様な場合です。
患者さま(お子様)によっては矯正治療の期間を最短にするため、
治療開始時期を良く見極める必要があります。
また、子供の時期に矯正治療をして一時的に綺麗な歯並びを獲得しても、
成長につれそれが崩れたりする事もあります。
矯正治療の最終目的は綺麗な歯並びはもちろん、良く噛めて、良い発音ができて、ブラッシングがしやすく、いつまでもご自分の歯でお食事ができ、素敵なスマ イルを大人になってからも維持することです。
そのために、早い時期から矯正治療を始めた方が良い場合もあれば、そうでない場合もあります。
大人の場合はいつでも開始できます。
ただし、重篤な歯周病や全身疾患がある場合には治療を見合わせることもあります。
矯正治療は年齢に関係なく年配の方でも歯周病等がコントロールされていれば問題なく出来ますのでご心配はいりません。
大人の患者さまはQOL(Quality of Life/生活の質の向上)向上のための医療ですから、
いつ始めても遅いことはありません。
矯正治療をお考えの方はお近くの矯正専門医へご相談してください。





あなたの思いを実現します。     大松矯正歯科クリニック




関連記事