歯科治療

歯の完全再生、マウスで成功

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
今日のニュースで歯の再生医療について報じられていました。
歯の完全再生、マウスで成功=食物かめる硬さ−「臓器置換」実現へ
食物をかめる硬さで、痛みなどの感覚もあるほぼ完全な歯をマウスで再生させることに、東京理科大と東北大、東京医科歯科大の研究チームが3日までに世界で初めて成功した。将来、「人工多能性幹(iPS)細胞」などの幹細胞を歯のもとに変え、失った歯の跡に移植して再生させられれば、入れ歯不要の生活が実現すると期待される。
この成果は、東京理科大の辻孝教授らが2007年2月に発表した「器官原基法」の応用。細胞を試験管内で培養し、立体的で機能する臓器の形成を目指す技術で、臓器置換再生医療の実現に一歩前進した。次は毛髪の再生にも取り組む。論文は米科学アカデミー紀要電子版に掲載される。
ー時事通信ー
yahoo! ニュースより
これが実現されれば、金属製のインプラント等も必要なくなりますね。
しかし、一番は今ある歯を失わないことです。
矯正治療は歯を失わないための究極の予防法と言えます。
あなたの思いを実現します。     大松矯正歯科クリニック

関連記事