歯科治療

CTのお話-1- お顔の3次元解析

歯科用CT(CBCT:コーンビームCT)を使ってお顔を構築してみました。

歯科用CTは歯科領域の歯と歯を支えている歯槽骨だけを観察するものではありません。

お顔全体も3次元で解析することができます。

今まで2次元でしか見れなかったものが3次元で確認でき、

お顔(軟組織)も骨に融合させて観察することができるようになりました。

「歯並び」もお顔全体の一つのパーツとして

そのバランスが正確に判るようになりました。

矯正治療をする上でも歯科用CTを撮影してしっかりとお顔全体を把握して行く必要性があります。

大松矯正歯科クリニックへの各種お問い合わせは下記までお願いします。

http://www.4180.jp/contact.html

関連記事