矯正治療

歯科矯正用治療支援プログラム(インシグニア) -6-

歯科矯正用治療支援プログラム(インシグニア)の実際の使用例

治療前にコンピュータでお口の中をデジタル化して再現します。

現在はシリコン印象材で歯並びを写し取ってデジタル・スキャニングしますので

最高な高精度の復元が可能です。

コンピュータ上でシミュレーションを行います。

ブラケット(矯正装置)を装着した状態や治療後のゴールも詳細に検討します。

治療後のゴールを先に決定してから最適な歯の位置にブラケットをコンピュータ上で調整します。

患者さんには治療前のブラケットが付いた状態と

治療後のシミュレーションをご確認いただきます。

シミュレーション結果が患者さんのお持ちの治療後のイメージと合致しているか確認します。

(患者とドクターとの情報の共有)

ゴール設定が完了すると

それに合うジグ(矯正装置装着ツール)がCAD/CAMで製作されクリニックへ送られて来ます。

そのブロックごとに分けられたジグを患者さんにセットします。

今まではドクターが直接一本づつ歯にブラケットをセットしていました。(それには経験や訓練が必要とされていました。)

インシグニア(デジタル矯正)・ジグでブラケットがセットされました。

歯科矯正用治療支援プログラム(インシグニア)にご興味のある方は大松矯正歯科クリニックへお問い合わせください。

関連記事