矯正治療

「顎関節症の国際診断基準DC/TMD」

「顎関節症の国際診断基準DC/TMD」

日曜日は日本顎関節学会の学術講演会に参加して来ました。

日本顎関節学会では顎関節症の病態分類を数年前に公表しました。

症型分類ではなく、より明確な「病態分類」に更新されました。

海外では顎関節症の国際診断基準が既に確立されています。

日本でもその国際診断基準に則った改訂が行われています。

この数年で、日本においても顎関節症に対しての概念とその治療アプローチが大きく変化して来ています。

この日は、顎関節症の国際診断基準であるDC/TMD(Diagnostic Criteria for Temporomandibular Disoders)に則った診断法を勉強しました。

そして、最新の顎関節症の治療概念も確認して来ました。

大松矯正歯科クリニックへの各種お問い合わせは下記までお願いします。

http://www.4180.jp/contact.html

関連記事