矯正治療

お見舞い

「お見舞い」

外科矯正の手術を終えた患者さまのお見舞いに行って来ました。

術前矯正を大松矯正歯科クリニックで行い、今週の火曜日に大学病院の口腔外科・顎変形症診療センターで外科手術を行ってもらった患者さまです。

一昨日、全身麻酔下で手術を行いましたが今日お見舞いに行ったところ

元気にソファーに座っておしゃべりもできました。

術後のお顔の腫れもほとんどなく、お痛みもないとのことで

手術の依頼をさせて頂いた矯正の主治医としては一安心です。

手術を担当して下さった口腔外科の科長(助教授)の先生ともお話をさせて頂き

経過も順調とのお話を伺い安心して大学病院を後にしました。

歯を支えている土台となる顎(あご)の骨のズレが大きい場合には

矯正治療単独では治しきれない場合があります。

顎変形症(がくへんけいしょう)という診断名のもと

原因除去の観点から、外科手術を併用して顎(あご)の骨のズレを補正することも多々あります。

外科手術の術式の進歩もあり矯正治療の中でもルーティーン・ワークの一つになっています。

関連記事