予防矯正

大松矯正歯科クリニックの予防矯正

大松矯正歯科クリニックの予防矯正

予防矯正は成長期にあるお子様のあごの骨のバランスや大きさを整える1次治療(混合歯列期/乳歯と永久歯が混在している時期)と歯の並びを最終的に整える2次治療(全体矯正治療/永久歯列期)からなる2段階治療です。

特に1次治療はあごの骨がまだ柔らかく、これから成長していくお子様だからこそできる治療です。
この時期にあごの骨の成長をスムーズに促したり、永久歯の生えるスペースを確保したり、悪い習癖(指しゃぶり、口呼吸、爪を噛むなど)を取り除くことができれば、なるべく大人の歯を抜かないで歯並びを整えることができます。
さらに、1次治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2次治療そのものが必要ないケースも増えてきます。

また、2次治療が必要な場合でも永久歯を抜く確立も低くなり(非抜歯治療)、2次治療が簡単に短期間で済みます。 つまり、歯並びが悪くなるのを予防しお子様の成長を見守りながら長期的な視点でお付き合いさせていただくことです。(口腔成育)

長期的なお口の管理になりますが装置自体はできるだけ短期間の装着にとどめ(メリハリのある治療)、お子様の負担を最小限にして最大限の効果を得ることが目的です。