ホワイトニング・歯の漂白

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニング・歯の漂白は歯の黄ばみが気になる方、もっと白い歯にしたいと言う方、矯正治療が終わった方そして補綴(クラウンやラミネートベニアなど)をなさる前に、ホワイトニングをしておき形、色を同時に整えより以上の美しさを求めたい方にお勧めです。

ホワイトニングには歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行って頂きながら白い歯を取り戻して頂く方法と歯科医院で器械を使って行う方法があります。
当クリニックではご自宅で行うホーム・ホワイトニングを推奨しております。
器械を使用する方法よりも自然な色合いの歯の白さを引き出せるのと歯の白さをご自分で見ながら決定することができます。

歯のホワイトニングとは

歯のホワイトニングとは

濃度の薄いジェル(ホワイトニング剤)を長時間歯面にあててゆっくり、やさしく、持続的に脱色します。 ジェルの成分(過酸化尿素)はもともと口腔内の消毒に使われていたものですから、安全で歯の構造を変えずに歯が白くなります。
その安全性については、FDA(アメリカ食品医薬品局)、ADA(アメリカ歯科医師会)でも認められております。歯科医師の指導を受け、ご自分で自宅で行っていただきながら白い歯を取り戻していただく方法です。

ホワイトニングの仕方

トレー

1)まず歯科医が歯と歯肉が健康な状態であるか診察します。
過去に入れたつめものを取り換えたり、虫歯の治療が必要な場合もあります。
そして型を取ります。

トレーにジェル材を流し込みます。

2)歯科医が作成した患者用トレーにジェル材を流し込みます。

トレーの端を歯に合わせます。

3)歯を磨き、トレーを口に入れます。
トレーの端を歯に合わせます。

口を2回すすぎます。

4)清潔な指か、やわらかい歯ブラシで余分なジェル材を取り除きます。
口を2回すすぎます。
注意:すすいだ水は飲み込まないでください。

ホワイトニングの注意

  • ホワイトニングと矯正治療をご希望の方は先に矯正治療を行います。
  • 歯並びが悪くホワイトニングのみをご希望されている方は、歯並びを治されてからホワイトニングを する事をお勧めします。
    悪い歯並びの歯を漂白すると、歯面にムラができてしまいます。また突出している歯を白くすると、より一層飛び出して見え、悪い歯並びを強調してしまいます。
  • 歯の深い位置での変色(テトラサイクリン・抗生物質によるもの)やエナメル質の欠損した歯などはホワイトニング効果が期待できない場合があります。
  • 歯石や歯ぐきに炎症がある場合には すぐにホワイトニングを行えない場合があります。
  • 歯を白くするために、家庭用の漂白剤は絶対に使用しないでください。
  • 妊娠中、または授乳中の女性は、行わないでください。
  • ソフトトレーを付けているときは、飲食、喫煙は控えてください。
  • ホワイトニング終了後、1時間以内は色の濃いコーヒー等の飲食物は控えてください。
  • 酸性の強い食物やジュースは、歯の過敏性(ヒリヒリする、痛み)の原因になることがあります。
  • 歯の充填物やクラウンは、歯の漂白に反応をしめしません。
  • ホワイトニングジェル材は、熱や太陽光線に当てず、冷暗所又は冷蔵庫(冷凍はしない)に保管してください。
  • ソフトトレーは長期間使用できますが、熱で変形しますので、水で洗浄してください。
  • 歯がしみるときは1日おきか、トレイの装着時間を短縮して様子をみてください。それでも傷む場合は歯科医師がお出しする知覚過敏抑制剤(シリンジ入りジェル)を使います。ジェルはホワイトニングジェルと同様にソフトトレーに注入してホワイトニング終了後30分位装着します。
  • ホワイトニング中、一時中断しても効果は影響ありません。
    リバウンドは殆どありませんが、6ヶ月~1年に一度位、多少の外部着色(飲食、喫煙等による)が出た場合、1~2日、メインテナンスとして、ホワイトニングを行うことをお勧めしますので、医師にご相談ください。