矯正歯科診療の流れ

治療にあたって

●

当クリニックでは矯正治療に先立ち、患者さんとの協力、信頼関係をつくるためにじっくりと時間をかけてお話をさせて頂きます。(相談無料
矯正治療は患者さんと医師との協同作業でもあります。
患者さんのお悩み、ご相談をじっくりお聞きし疑問や不安について専門的な立場からお答えさせて頂きます。どんな些細なことでもご質問ください。

治療のプロセス

●

相談

矯正治療の必要性、治療のあらまし、期間、費用など についてご相談をお受けします。(無料)

●

検査(資料採取)

お口の型、お口の写真、お顔のレントゲン撮影、顔写真などの撮影、各種検査機器をもちいての計測、お口の中を詳しく拝見します。 (大人の方は歯ぐきの審査も行います。)

●

診断

●

コンピュータを用いてあらゆる方面から検討した 診断結果をおしらせします。

●

治療開始

診断結果をよくご検討の上で矯正治療を開始していただきます。

●

歯ブラシ指導 フッ素塗布

矯正装置装着後の歯ブラシの仕方や虫歯予防についてお話します。

●

装置装着

●

自然派矯正(デイモンシステム)を皆様にご提供しています。

●

治療·通院

月に1回ほど、定期的に通院していただきます。 期間はそれぞれの症状により異なりますが、約1年前後かかります。 成長期のお子さんの場合には二つの時期に分けて治療する場合があります。 (あごの成長前と成長後)

●

保定(安定させる期間)

矯正治療後の歯並びの安定をはかるための時期です。 表からは見えない様に歯の裏側に固定式の装置を付けます。

治療例

患者さんそれぞれに症状が違い、どれひとつ同じ症例は存在しません。 そのため入念な検査と診断が必要となります。時間をかけてそれぞれの症例を分析し治療目標を立てて行きます。
この時顔立ち、歯並び、顎関節、歯周組織(歯ぐき、歯を支える骨)を総合的に評価し治療計画を立案しさらに治療結果を予測することで、どのように歯を動かすべきかまたその限界を見極めることができます。

●

セットアップモデル

●

診断時に術後のセットアップモデルをお見せします。
咬合器というお口の中の動きを再現させる精密機器の使用により、診断時に術後のセットアップ(予測)模型を作製して、患者さん個々の治療後の具体的な歯の移動様式をお見せします。これで治療前に術後のイメージがつかめ、安心して矯正治療を受診できます。

●

この咬合器を使用することにより、矯正治療を始める前に、患者様の歯の動きを具体的にシミュレーションします。治療内容をより分かりやすくご理解いただけます。

●