学校保健委員会2017

豊島区立清和小学校の保健委員会に参加して来ました。

学校保健委員会は保護者・教師・学校医が集って

児童達の体力・運動能力テストや生活・運動習慣調査の結果報告

そして学校健診の結果とその講評を行い児童の健康を見守ります。

各校医から最近の医療現場におけるトピックスをお聞きして情報を共有しています。

保護者と先生方からも積極的に質問をいただき盛会に終わりました。

学校保健委員会の後半では毎回、講演会が開催されます。

今回の講師は僕が担当しました。

「豊島区の歯科保健」というタイトルで、

豊島区内の公立の小中学校での歯科保健活動についてお話をさせていただきました。

平成24年に豊島区独自に「豊島区歯と口腔の健康づくり推進条例」が制定され、

ライフステージ別に具体的な施策の方向性と目標を示した「豊島区歯と口腔の健康づくり推進計画」が作成されました。

それに合わせて児童・生徒向けの「歯と口腔の健康に関する教育プログラム」も作られました。

その教育プログラムの中から現在活動中(これからのも含む)の

○—位相差顕微鏡の活用について

—○歯科衛生士による歯みがき指導について

—○給食後の歯みがきについて

○キシリトール咀嚼力判定ガムの活用について

—○顎模型の活用について

講演を行いました。

講演の最後には位相差顕微鏡を使って実際の口腔内細菌の観察と

顎模型の実習を行いました。

顎模型実習では歯茎から歯を抜き出して、歯の形と殖立位置の確認

そして普段は目に見えない歯根の状態も確認してもらいました。

参加者全員が興味深く顎模型と歯を触ってお口と歯の勉強をしました。

これからは児童達にもこの顎模型実習を行い

さらにお口と歯に関心を注いでもらう予定です。

 

 

大松矯正歯科クリニックへの各種お問い合わせは下記までお願い致します。

http://www.4180.jp/contact.html