CTを導入しました。

「CTを導入しました。」

大松矯正歯科クリニックにCTが常設されます。

3D(3次元)の画像解析に必要な情報をこの歯科専用のCBCT(コーンビームCT)で撮影します。

今までは必要に応じて外部委託していましたが、

これからは当クリニックにおいて、矯正歯科治療のルーティーンとして患者さまにご提供させて頂きます。

そして、今までの数十倍の情報を得る事ができるようになりました。

歯根や歯槽骨の情報はもちろんのこと、2D(2次元)で判定していたお顔の形も3Dで認識します。そしてこのCTの情報を使い矯正治療での術前のセットアップ(治療後のゴール設定)を作ります。

大松矯正歯科クリニックで取り扱っているインシグニア(デジタル矯正)とCTの3Dの情報が融合されます。(詳細は別記事で・・・)

 

 

医療用CTというと、高い被爆線量(X線照射量)で怖いイメージがありますが、

今回導入したKaVo 3D eXam+(カボ 3Dエグザム プラス)は医療用CTと比べて非常に低いX線照射量で撮影することができます。

実際の比較としては一回の撮影が飛行機に乗って海外旅行に行くよりもその被爆線量が低いのです。(自然放射線と言います。宇宙からの太陽光等に含まれている放射線)

 

 

ですから安心して矯正治療を受けることができます。

写真提供:カボ デンタルシステムズ ジャパン株式会社様

 

大松矯正歯科クリニックへの各種お問い合わせは下記までお願いします。

http://www.4180.jp/contact.html