アーカイブ: 12月 2016

水消毒の必要性

「水消毒の必要性」 アメリカ・カリフォルニア州の歯科病院で小児30人に歯科病院の水によると思われる院内感染の報告がありました。 cnnニュース:歯科医院の水で30人の子供が院内感染 アメリカ 記事によると小児の根管治療(生活歯髄切断法)において根尖性歯周炎等の健康被害が起き、 その原因が歯科病院のデンタルユニット(診療台)内を循環する水が細菌に汚染されていたということです。 稀な出来事ではあります…

→ 続きを読む

トリートメントユニット(診療台)が新しくなりました。

「トリートメントユニット(診療台)が新しくなりました。」   大松矯正歯科クリニックではこの度トリートメントユニット(歯科診療台)をリニューアルしました。 近年、医療界では院内感染が大きな問題になっています。 歯科においても切削器具(タービン、コントラアングル等)による未滅菌の器具の使い回しによる院内感染が問題視されています。 大松矯正歯科クリニックでは切削器具等の完全滅菌(消毒の概念よ…

→ 続きを読む

平成28年度明海大学歯学部歯科矯正学分野同門会学術講演会

「平成28年度明海大学歯学部歯科矯正学分野同門会学術講演会」   公益社団法人日本矯正歯科学会理事長の清水典佳日本大学歯学部教授をお招きして学術講演会を開催しました。 「矯正歯科界の危機回避のために」というタイトルでご講演を頂きました。 当日は学術担当理事の僕が司会進行と座長を行いました。 昨今、矯正歯科を取り巻く環境が大きく変化して来ています。 その環境を良くも悪くするのも、 この矯正…

→ 続きを読む

インシグニア(デジタル矯正)が進化します!

「インシグニア(デジタル矯正)が進化します!」 大松矯正歯科クリニックが日本で初めて導入して患者さまにご提供しているインシグニア(デジタル矯正)が進化します! 歯槽骨に埋まっている歯根の情報も再現できるようになりました。 CBCT(コンビームCT)で撮影したお口の中の情報(歯冠と歯根)をもれなく3D画像に表現できます。 矯正治療の前に術後の予想をセットアップしてお見せしていますが、 今まで見えなか…

→ 続きを読む

CTを導入しました。

「CTを導入しました。」 大松矯正歯科クリニックにCTが常設されます。 3D(3次元)の画像解析に必要な情報をこの歯科専用のCBCT(コーンビームCT)で撮影します。 今までは必要に応じて外部委託していましたが、 これからは当クリニックにおいて、矯正歯科治療のルーティーンとして患者さまにご提供させて頂きます。 そして、今までの数十倍の情報を得る事ができるようになりました。 歯根や歯槽骨の情報はもち…

→ 続きを読む

スマホ×家電

「スマホ×家電」 スマートフォンの普及には目を見張る物があります。 そして、このスマートフォンを使っていろいろな家電製品とアクセス出来るようになりました。 テレビやエアコンのリモコンをスマホを使って遠隔操作する感覚です。 医療にもその恩恵が打ち寄せています。 特に歯科業界では電動歯ブラシとスマホが連動するようになりました。 ブラッシング圧や歯みがきの時間を教えてくれたり磨き残しの部位まで教えてくれ…

→ 続きを読む

フルパッシブ

「フルパッシブ」 歯並びを治す矯正治療にはいろいろな方法があります。 その中でも一番ポピュラーな方法がワイヤーを使った矯正治療です。 これは約100年前にアメリカのDr.アングルが開発した方法で今でも踏襲しています。 しかし、1990年代後半からこの矯正治療の概念が変わって来ました。 これが、タイトルにある「フルパッシブ」という考えの治療法です。 パッシブ(passive)とは受け身とか無抵抗とい…

→ 続きを読む

師走2016

「師走2016」 今日から12月です。 今年もあと一ヶ月となりました。 街も年末の装いをして、 我々を迎えてくれています。                   大松矯正歯科クリニックへの各種お問い合わせは下記までお願いします。 http://www.4180.jp/contact.html

→ 続きを読む