顎変形症診療センター

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
今日は外科矯正手術を依頼している日本歯科大学附属病院の顎変形症診療センターへ打ち合わせに行って来ました。
http://www.ndu.ac.jp/index.html
IMGP3202.JPG
IMGP3201.JPG
センター長の荘司先生と大松矯正歯科クリニックの外科矯正手術の患者さまの手術内容について共同カンファレンスを行ってきました。
外科矯正手術とは矯正治療単独では治療できない、骨格性の不正咬合(骨のズレが大きい場合)を
矯正治療外科的手術併用して治療を行うものです。
ほとんどのケースでは矯正治療単独で咬合は改善できますが、骨格のアンバランスから来るフェースラインの改善が必要な場合には外科的処置が必要な場合もあります。
患者さまの治療目的の優先順位によって、また何を第一目的にするかによって治療法が異なって来ます。
外科矯正手術の場合、通常手術前に術前矯正を行い外科手術施行後に術後矯正を行います。
外科矯正治療は(顎変形症の治療)、矯正治療と外科手術並びに入院費も施設によって保険が適応されます。
もちろん、大松矯正歯科クリニックでの顎変形症の矯正治療と提携先の日本歯科大学での手術と入院も保険が適応されますのでご安心下さい。
顎変形症の治療は矯正医、外科医そして患者さまのよりよいコミュニケーションがとれて初めてよい結果が得られる治療法です。