精密検査:3 オルソパントモX線写真

こんにちは。
大松矯正歯科クリニックの高 大松(”Dr コウ”)です。
皆さん、お元気ですか?
オルソパントモX線写真は顎の全体像を一度に見ることができる
断層X線撮影法です。
歯の状態、骨の状態、これから萌出しようとする歯も確認することができます。
これ一枚で大変多くの情報が得られます。
%E3%83%91%E3%83%8E%E3%83%A9%E3%83%9E1-16-08.jpgオルソパントモX線写真像
三次元の物体を二次元画像に再構築しています。
多くの情報が得られる反面、規格性に乏しいのが欠点です。
  
多断層撮影のため(管球が移動するため)部位によって倍率が異なってきます。
ですから、オルソパントモ上での形態の実寸はあまり意味を持ちません。
最近では歯科用CTも普及してきていますので、近い将来はオルソパントモもCTに取って変わるかも知れません。
大松矯正歯科クリニックもCT購入を検討中です。
しかし、歯科用CTが矯正治療に役立つほどの進化を遂げていないのが現状です。
矯正の診断分析に必要なソフト面での発展・普及が必要です。